3月3日 行事食「桃の節句」

3月3日「桃の節句」でした。
検食も素敵でした。栄養課の方が写真を送ってくれました。

180303hi.jpg

【常食】刺身盛り合わせ(マグロ・ブリ・甘エビ)、蕪そぼろあん、菜の花辛子和え、お吸い物、桜もち
とても元気になる内容だったようです。

第1回東京都認知症医療センター認知症ケア研修会

3月15日夜、梅田地域学習センターにて、上記研修会が開催されました。

東京大学名誉教授の松下正明先生による講演でした。

認知症に関わる知識の重要性、医療、介護職に期待される任務、ユマニチュードにも触れられました。
今、世界で、日本で認められるエイジズム;Ageism 高齢者偏見・差別についても説明されました。

心に残ったことは
正常加齢とアルツハイマー型認知症との区別は、老化性脳病変の量的差異による。
アルツハイマー型認知症は独立した単一の病気ではなく、加齢に伴って現れる異常状態である。

認知症の人の声や心を聴くことの大事さ、その行動などに対してなぜ?という気持ちをもつ

ユマニチュードの基本は、ケアの対象となる認知症の人に、
「あなたは私にとっても大切な存在である」というメッセージを相手が理解できる形で伝える技術である。
目をみる、触る・抱く、話しかける、立たせることが基本。

BPSD;行動心理症状は、周辺症状ではなく、むしろ認知症に対する心因反応と捉えたほうがよい
その人の個性や生活体験が表出される

Ageism 高齢であるという理由で人をステレオタイプ化し、差別することを言う

などでした。85歳以上の高齢者の混合型も合わせて9割近くがアルツハイマー型認知症であり、その病態が正常脳の老化現象からのものであり、病気ではないという考え方が、印象に残りました。
ケアを提供するにあたり、大事な視点をいただきました。

検食

3月2日金曜お昼は検食でした。

180302検食1CA3F1497

彩りの素敵な検食でした

変わりご飯
えび玉焼き・中華あん
インゲン炒め煮
生野菜サラダ
ヨーグルト

おいしくいただきました

検食

本日お昼の検食はティラミス付きでした

A180214CA3F1456.jpg

魚のグラタン・菜の花
キャベツ桜海老ソテー
温野菜サラダのようなもの
ティラミス

おいしくいただきました 
を連想させる見た目も、素敵で、あたたかな気分になりました。

看護学生実習 3年生

先週は、看護学生3年生が約1週間、退院支援について学びにみえました

退院の方の準備を知ったり、カンファレンスに参加したり。

・患者さんが意思決定していくことを支援したい
・在宅に帰るにあたり、この方にどのようなサービスや多種職連携が行われるのか学びたい

あっという間であったと思います。
実り多い実習となったのではないでしょうか。

ご協力いただいた患者さん、ご家族の皆様、ありがとうございました

看護学生実習 1年生

1月にはいり、看護学生さんが実習にみえました

すみだの看護学生1年生です。

・カンファを通して保健福祉チームの連携を学ぶ
・一人の患者さんにたくさんのスタッフが関わっているんだなと思いました
・たくさん学んでいきたい
・日常生活を看護ケアに結びつける大切さ
・個別性を大切にしてかかわりたい
・自分で行動できるようにしていきたい
・しっかり勉強したことをいかしていきたい

と感想&目標を述べられました。
約1週間、短いですが実り有る実習となったようです

1月の雪

1月に大雪が降りました

昨日も早番7時出勤で雪の心配をしていましたが、
前回のようには積もっていませんでした。

1月の大雪のときの柳原病院の風景です

3YU3CA3F1447.jpg

未来大学側です
2YU2CA3F14490001.jpg

近くの公園の木にも積もっています
4YU4CA3F14460001.jpg

1YU1CA3F1450.jpg

雪景色に圧倒されました。
最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR