FC2ブログ

患者の意向を尊重した意思決定のための研修会⑤

参加者の感想です。

病棟看護師 園田氏より>
<研修会に参加しての学び>

 これまで多くのお看取りを経験し、後悔が残るケースの多くは最終段階となっていることは分かっていても早期からの緩和ケアに介入することができなかったり、問題点に気付けていなかったことです。また、意思決定の確認のタイミングが分からず、曖昧かつ不足していました。
 今回の研修の大きな学びは、今までは十分なアドバンス・ケア・プランニングに取り組めていなかったことに改めて気付いたことです。アドバンス・ケア・プランニングの重要性と意思決定の確認における声掛けや対応を学び、今後は患者・家族・医療者があらかじめ話し合う時間が持てるように心掛けたい。そして、多くの患者や家族が後悔せず最期までその人らしい生を全うできるように支えていきたい

病棟看護師 H氏より>
 ロールプレイで、あとどれぐらい生きたいか、患者さんに自分自身の予後を聞いて、医師の考えている予後との距離感を話し合う中で埋めていく形をとっているという話を聞いて、そういった方法もあるんだ、と思った。
 みんなで話し合うことが大切なのだと改めて思った。

医療相談室 名田部氏より>
 人生の最終段階における医療の決定プロセスには、患者と医療チーム側(多職種)での十分な対話の繰り返しが大事であること。チーム側は絶対に一人では決めない、一度に決めようとしないなど多職種で患者にとっての最善を都度検討していくことが大事であることを学んだ。
 終末期の患者の約70%の患者は意思決定は不可能との調査報告もあり、本人と決めることが難しい場合、家族の考えが反映される決定プロセスではなく、あくまでも患者本人の推定意思を考え決定するプロセス(本人なら、このような考えをもち、こう希望をするだろうなどの考え)とならなければいけないと改めて教えてもらい、正直これまでの関わり方を考えさせられた・・。
 今後も臨床上で意思決定支援場面はたくさんあると思う。学んだことをできそうなことから実行していきたい

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR