FC2ブログ

第19回 日本在宅医学会大会②

2日目は、
特別講演「認知症と在宅医療」 鳥羽研二先生
家族への介入によって家族が笑顔になることで患者さんも笑顔になること。
多剤内服;6つ以上が40%、10以上が10%あること。
腹臥位療法や車椅子で前屈すると、便秘が改善されるケース。
トイレで排尿を行うことで、2週間で意欲が改善し、ADLもよくなるケース。

ランチョンセミナー「高齢の不眠患者に対する基本的な対応と薬物療法のポイント」谷口充孝先生
慢性不眠には、まず認知行動療法を行い、その上で改善なければ内服処方する。
ホメオスターシスやサーカディアンリズム、過覚醒について。
一時的に日中の眠気はあるが、起床時間を前進させ、就寝時間を遅らせること。
不安や緊張を減らすこと。
半減期が短い薬のほうが、減量時に反張性不眠(内服前より眠れなくなる)がある。

シンポジウム「無縁社会の人生の終い方」
孤独死が増えているような印象があるが、単身世帯が増えており、割合は同程度。
ごみ屋敷問題では、財産権の問題から行政が強制的に処分できない。
道路法、消防法、空き巣対策特別措置法などの範囲に入らない。

家族とは深い感情で結ばれた第一次的な福祉追求の集団。
食寝分離から就寝分離、個室化。
高齢期の居住の安定のための3要素は、健康、家族、経済。
日本13.5%が空き家;地域を耕すことの可能性。
地域慈善事業でとも暮らし。

各方面からの無縁社会に対しての発言がありました。

地域が異なれば求められるものは異なりますが、在宅という枠内、地域という枠内では
似通った問題も多数あることを再認識した2日間でした。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR