FC2ブログ

足立区医師会 産業医研修会 その②

つづきです。

「高齢労働社会における産業医活動のあり方」 神代雅晴先生
3管理の健康管理、作業管理、作業環境管理のうちの作業管理と労働適応能力について話された。

健康は労働から生まれ、満足は健康から生まれる。(Sir William Petty)
2013年に何らかの自覚症状を訴えた65歳以上の割合は46.6%(入院者を除く)
健康上の問題で、日常生活動作、外出、仕事、家事、学業、運動等に影響のある者25.8%

健康寿命(要介護ではない)の推移;女性74.21(平均寿命88.61歳)、男性71.19(平均寿命80.21歳)

労働の場におけるエイジマネジメント;働く人が暦年齢を意識することなく生涯にわたって健康で活力にあふれた状態でより生産的に働くことが出来るような産業保健活動の仕組みを、それぞれの年代に応じて創出する取り組みのこと。

高齢者が持つ健康異常は高血圧、脂質異常症、糖尿病。
男性で1番悪化している年代は20-30代。
男性は20歳代、遅くても30歳代から良い生活習慣を身に付けることが肝要。

女性は40歳代を迎える準備や閉経期以降の保健指導に力点を置くことが大切。

高齢社会日本は、働かなければならない高齢者を創る時代を迎えた。
日本の医療費は、2012年オランダの歳出と同等レベルとなっており、2025年にはオーストラリアの歳出と同等になる予測である。

超高齢社会を迎えた日本の課題
1、暦年齢による定年制度の廃止
2、第一次予防に重点を置いた健康管理;健康関連因子(生活習慣病等の防止)、作業関連因子(職場改善等)

その戦略は、生産的高齢者の輩出、健康寿命の延伸
運動習慣が運動機能・体力の低下を抑制する
・運動習慣のある人はない人に比べて肺活量1秒率が明らかに高かった
・抑うつ症状が少なかった
・ストレスに強くなる


50歳を過ぎると片足で立ったまま靴下を履くことが出来ないと、
転倒・転落事故につながる
→バランス感覚、関節・筋力の衰え
→股関節のストレッチ・腸腰筋を鍛える
→しこ踏み体操

高齢労働を意識した職場改善のキーポイント;作業姿勢、重量物の取り扱い、視環境

仕事中座りっぱなしは危険;腰痛編
立位より座位の方が腰への負担は増大する。
背もたれや机自体にもたれかかると負担は軽くなる。

労働適応能力の評価
→与えられた職務と職務遂行能力とのミスマッチを防ぐ
→働き方が変わる
→労働と健康の調和
→労働寿命の延伸

労働適応能力は、ストレスの増大、抑うつ反応、職務満足感の低下、慢性疲労症状によって低下する。

労働意欲が高いから健康を創り上げるのであって、
健康だから労働意欲が高まるのではないことが示唆された

→身体機能、社会的対処能力、精神的許容能力と回復力
→労働寿命の延伸が健康寿命を延伸させる

若い時からの健診等での生活習慣病予防の大切さや、運動習慣の大切さがわかりやすく説明されました。
産業医活動のみならず、日常診療のときにも頭の片隅において取り組みたい内容がたくさんありました

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR