スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛飾区医師会産業医研修会

1月28日土曜日午後に、上記研修会に参加しました

市川労働衛生コンサルタント事務所所長、市川英一先生より、
1、職場における受動喫煙防止対策について
受動喫煙の害について、また、喫煙室の基準等についてお話がありました。
続けて、
2、化学物質リスクアセスメントについて
ウレタン樹脂の硬化剤として広く使用されているモカ(MOCA)による膀胱がん発症の可能性について、化学物質のリスクアセスメントとコントロール・バンディング(評価項目をいくつかのバンドにわけ、簡単なマトリックスを用いてリスク評価を行う手法)について、安全データーシート(SDS)、ラベル表示(法律で必要)について話されました。

3、ハラスメント及びLGBT職場環境改善と予防法について
ハートセラピー代表取締役 柳原里枝子先生より、
ハラスメントによる職場の生産性低下、信用、ブランド力の低下、法的責任について
セクシュアルハラスメントとは、1人でも不快と感じればセクハラとなることもあること、
マタニティハラスメントについて、性的少数者(LGBT)について、多様性を認め合う職場;特定の価値観に偏らず、組織の柔軟性が高くなる、指導の仕方;目的は仕事の改善と部下の育成、問題にfocusではなくgoalに向けてfocusをあてる大切さについて話されました。

4、治療と就業の両立支援について
山口クリニック院長、山口いづみ先生より、
高齢者用作業指示書の特徴、高齢者に不向きな作業として、高所作業、重量物移動、長時間の中腰、上向き作業、暗視覚を要求される作業、単独作業、ピット内作業がある。
がん患者は増加しており、うち3人に1人は就労可能年齢で罹患、悪性新生物治療のため仕事を持ちながら通院している者は32.5万人いる。糖尿病患者の就業上の問題点や困難さ、アルコール乱用による社会的費用内訳として日本6兆6375億円、GDPの1.9%、アメリカ9兆1404億円、カナダ4650億円、アルコール使用障害はうつ病と並ぶ自殺の重要なリスク、自殺のリスクを60-120倍に高める。多くの国でアルコール消費量と男性自殺死亡率が正の相関を示す。国内調査では多量飲酒が男性の自殺リスクを高める、日本酒換算で毎日2.5合以上。国内調査では自殺死亡者の21%に死亡する1年前にアルコール関連問題が認められ、その80%がアルコール使用障害に該当していたが、飲酒の問題とは認識されていない。高血圧;130/100を高血圧と認識していないこともあり、日本人の死因の2,3位を占めている。30歳代からの血圧コントロールが生命予後には重要。

5、女性労働者の健康管理
東京女子医科大学 医学部 衛生学公衆衛生学第2講座准教授、小島原 典子先生より、
働く女性の母性健康管理、母性保護規定、ハラスメント、育児休業、介護休業、男女共同参画について話がありました。

長丁場の研修会でした

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。