FC2ブログ

医療とホームレス支援③

オープンダイアローグ
フィンランドで1992-1997年 N78

幻覚・妄想で受診した人
アウトカム
81%精神症状残存なし
81% 学業ないしフルタイムの仕事に復帰;ふつうは30%
33% 抗精神病薬使用したことある人

20年間の追跡調査で
向精神薬使用経験なし 45%
新規統合失調 33人→2.3人/10万/年

本人、家族、専門家2名で対話する。
初回90分。翌日などに60分。その次も60分。はじめの3回は薬なしで対話のみ。

聴くこと⇔話すこと 丁寧にわける
コメント不要 ただ聴く


日本で数か所が取り組んでいる
訪問診療で60分 自費もある

本人の中から原因や思いを聴き、解決策が出て、自分で話したことは取り組む。
セルフエスティーム、心が強くなる。


お互いの話が聞ける、家でも話が進む

子どもたちと小学校改革話す
異なる結果になる 欲しい設備なども違う

トリートメントファーストだと、ダメベースのステップアップ

病院から1カ月以内にアパートに出て、そこから支援
本人のニーズ、本人が決められる
周りが決めるのではない!


ハームリダクション 本人ペースで進める
聞く すぐ答えに飛びつかない

自分自身を話し、受け入れられる経験をしたものが、相手を受け入れることができる。
森川先生のお話は、心にすとんと落ちてくる、なおかつ自分の仕事の仕方、生き方を振り返る時間となりました。

医療とホームレス支援②

ハウジングファースト
・本人の話を聞く;アパートに住みたい!
カナダで2000人の半分ずつ、アルコール+1つの精神疾患のある方で8年以上ホームレスの人たちに
ハウジングファーストとトリートメントファーストで取り組んでみたところ、

ハウジングファーストではずっと62-70%がアパートにいた
トリートメントファーストでは30%だった

アメリカでは1年で80%以上がハウジングファーストなら家にいることがわかった

すまいは人権

20回転居する人もおり、支援者がどれだけ手放すか、
若いホームレスは失敗しやすい
アパートと支援をわけている

自分が日常診療で行っている治療、トリートメントファーストは一体何なんだろう、と愕然としました。 信じていたことが崩れていくような、今までの思考の原点が揺さぶられるような体験でした。

医療とホームレス支援①

11月、立川相互病院で上記学習会があり参加してきました

森川すいめい先生のお話でした。

日本のホームレス 路上生活者
安定した住まいがない人たち
ネットカフェ シェルター 精神科病院の長期入院患者さんなど

世界の精神科ベット5個のうち、1個が日本にある状態。
他国では精神科入院7-10日だが、日本では1年

ひきこもりからプレホームレス
80年代は若者のひきこもりだったのが、8050問題に

「80」代の親が「50」代の子どもの生活を支える。
子どもの「ひきこもり」が、約30年経ち、
当時の若者が40代から50代、その親が70代から80代となっている。

1980年代にアメリカでうまれた“ハウジングファースト”
まず家、すまいを提供する。

医療者はつい、“トリートメントファースト 治療優先”を考えてしまう。
治療してからステップアップしていく考え方。

60%精神的困難、アルコール、薬物
10%幻覚、妄想
→慢性ホームレス状態

研修医に質問し、研修医からソーシャルワーカー、上級医へ質問する形で話は進められました。
通常診療のような運び方に、スリル満点の勉強会でした。

医療とホームレス支援~ケースプレゼンテーション

11月、ふれあい相互病院に研修に伺い、
夕方、立川相互病院の上記学習会に参加しました

はじめにケースプレゼンテーションがなされていました。
初期研修医たちの熱い思いが伝わってきました。

・入退院支援より、入院せずに外来経過観察となっている人のことをどうフォローするかが大切であると発言がありました。
・救急の場面から、生活をみることができれば、という話

・病院⇔地域の中での自らの役割について

・若年者⇔高齢者
・「次はこうしよう」と決めておいて、次接触したときにやってみる

・陰性感情は、その人を知ることで変わる
・在宅で医師、看護師、栄養師も一緒にアプローチする方法について;カナダ、耳原総合病院の取り組みについて情報提供

それぞれの立場で真摯に考えている姿が印象的でした。

訪問診療研修

昨年、11月29日金曜日、お休みをいただき、
健生会ふれあい相互病院の藤井幹雄先生のところに
訪問診療研修に伺いました。

日本在宅医療連合学会認定専門医の更新のためにも、
他施設研修が2箇所義務付けられており、
行ってきました!

午後から9名の方へ訪問診療に伺いました。
定期の処置、状態観察、入院の相談、などなど
看護師さんと一緒に訪問に出ていました。

電子カルテは帰宅後にも書いておられました。

訪問診療のスタイルは似ていて、診察の形は
医師それぞれの特性を反映しているのだなあ、と
思いました。

入院-訪問診療とつながった医療の提供は柳原病院と似通っており、
共通点も多いと感じました。
最新記事
プロフィール

柳原病院Dr 福島智恵美

Author:柳原病院Dr 福島智恵美


足立区にある柳原病院のDr 福島智恵美 のブログです。

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR